05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

香りの中で

2010.11.20 (Sat)

●香りの中で
我家では、みそ汁の香りが1日のスタートならば、コーヒーは食後のホットタイムの香り、朝の気分に相乗効果が出てすっきりとします。若い頃と同じように多 忙を極めていても、時間の使い方を工夫し、決して無理はしないようにしています。家族など、周りの環境の変化で自然とそうなるのが年を重ねたと言う事で しょう。心のゆとりには、それぞれ個人差があります。今まで気付かなかった生活の中の香りにふと立ち止まるのも、ゆっくりと流れ出した時の動きのせいでしょうか?
2__#$!@!#__img01
朝、ひんやりと空気が澄み、陽の光がはっきりと風景を照らしています。 秋です。熱帯化したかのような今年の暑さの後です。人の体は敏感にその気配を吸収します。少し深呼吸をしてみると、ほのかな甘い香り。(見上げると、花オクラの残りの葉に青虫が一生懸命しがみついています。) もくせいの花です。
「もくせい」の花の香りから秋はスタートです。
庭のすみにあって、花は小さくても香りでその存在を強く示し、時季にはあちこちから匂い立ち、田舎の空気の流れの中に必ずあるもので、季節の匂いです。

次に料理の匂い。
目覚めた時に包丁の音と共にみそ汁や卵焼、遊びから帰る夕暮れ時に、家々から流れ来る煮魚やカレーの匂い。幸せな思い出の原点です。 残念なことに、最近は歩かなくなったり、料理をしなくなったり、核家族化で、家の中から漂う料理の香りは少なくなりました。 思い返せば、それはたぐり寄せられる見えない絆の糸であり、知らず知らずのうちに「家」の良さや、大切さを嗅覚から知り得ていたのです。そして、いそいで 家路にもどり飛びついた母の割ぽう着には、料理の匂い、野菜の匂い、化粧の匂いが混じっていて、本当にほっとして心地良く、安心出来た思いが残ります。

香りは思い出とつながる事にもなります。
皆さんはいかがでしょうか?
今からでも、どうかハッピーな思いへ結びつきますように。
心のアンテナをプラス思考へ。
スポンサーサイト
12:10  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。