05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

6月 梅仕事 -女は元気で忙しい-

2010.11.20 (Sat)

●6月 梅仕事 -女は元気で忙しい-
梅の収穫のニュースが流れ出すと、「そろそろだな」と気が浮きたって来ます。青く若い梅で・・・梅酒、カリカリ漬、シロップ漬、しょうゆ漬、みそ漬、糠みそ漬。香りの高い完熟梅で・・・梅干し、梅ジャム、梅エキスなど。(地方によって違いあり)
 
5__#$!@!#__img01

昔から6月は女にとって忙しい季節です。(今や男性も)自然の移ろいの中での梅仕事は、待ったなしで動き流れます。その作業の中で手のひらにコロコロ感じる丸い感覚ー。昔の祖母との会話が思い浮かびます。「天の恵みの赤ん坊だよ。大切にやさしく扱わないとね・・・」「そうだよねー」と聞いていても、本格的に理解出来たのは自分が漬け初めてからの事でした。粗漬(あらづけ)、夜干し、しそ入れ本漬、天日干し、梅干し漬けはなかなか手をとるものです。が、日本の伝統食文化の筆頭にあげられるほど、日本人とは切 り離せない食べものです。炊きたての白ごはんに赤い梅干し、おむすびに、混ぜごはんに、更に病気の時おかゆの中にぽつりと梅干し・・・。防腐作用や豊富に 含まれるクエン酸も人体には不可欠なものである事は、昔から伝えられています。ただ、核家族化や食卓の欧米化など塩分摂取に敏感になったヘルシー傾向の現代の食生活では、梅干しは登場の場が少なくなってきました。梅干し1粒で茶碗1杯のごはんを食べるという昔の貧しい食の代表的なものとしてあげられる梅干しは、塩分20%以上の塩吹き梅、保存食の代表でした。 が、今ではつつましい嗜好品です。(現在では15%、減塩は10%~13%)自分流においしく甘塩にしたり、個性的なものを作ってみてはいかがでしょうか?仕上げるまでの彩りはキッチンのすみでアートになり美しく楽しめます。6月・梅雨・梅漬けから生まれた塩梅(あんばい)と言う言葉、とてもきれいにひびき、食生活では大切な事です。忙しいこの時季、手のひらに梅を乗せた香りの中で祖母や姑、母の梅干しを思い返して、今年も体にやさしいものを作りたいと思います。
 
1__#$!@!#__img02

[追記]梅の品種はいろいろあり、用途によって選ぶとよりおいしいものが出来ます。今や梅干しババアでなく、美肌は梅干し肌 ー。南高梅の梅干しの姿はもっちりしたつややかな最高のものだと言う事を御存知ですか?デパートなどの売場で1度お確かめ下さい。我家では姑が亡くなって13年になりますが、姑の漬けた梅干しが倉庫の棚に今だ胸をはって並んでいます。15年ものです。大切にそのまま置き、時々ながめては思い出す事にしています。そして、今月はジャム・マーマレード・果実酒・ピクルス・らっきょう漬など、6月ならではの食品加工とその利用、活用法の実習がたっぷりです。
スポンサーサイト
12:07  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。