05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

(4)姑から受け継いだ「食」

2015.11.25 (Wed)

毎日食べる家のごはんは、「生きる」ために食べている。先人たちの知恵と工夫が風土と結びつき、フード(食)となって地域に残ったものが、郷土料理、行事食、季節ごとの恵みで作る保存食だ。

 かつては生き生きと身近にあったものを過去形で語る時、現代社会の便利さや希薄になった人間関係のはざまへ大切なものを落とし込んだような影を感じる。

 高校の調理実習で「お茶を入れましょう」と言った先生の前で、急須をガスの火にかけたという生徒は、家庭ではペットボトルのお茶という生活らしい。核家族化による伝承不足以前の問題と思え、周りの大人の責任を感じるのは、私だけだろうか。

 食べ物は身体を作り、守るものであり、利便性に負けられない時もある。私は教室で常々伝えていることだが、洋服と同様、その時々に合わせて、忙しい時の時短料理、彩りで栄養バランスを得る方法などは現代に必須である。
     *
 23歳で栄養士を退職した私は、夫の実家である香春町中津原に嫁いだ。800年以上続く家で、両親は明治生まれの元教師。退職後は家族でガソリンスタンドを経営していた。

 体育教師の夫は1男6女の真ん中で一人息子だ。のんびり育った私には想像もつかぬ環境に、私の家族は「(親や兄弟との同居は)無理」のひと言だった。

 人と切磋琢磨(せっさたくま)する能力が備わる間がないうちの結婚に、現実は厳しかった。「愛があれば」という恋心は幻と消え、お菓子のような甘さは打ち砕かれる思いだった。未熟さゆえに、そう感じたのだ。

 昔は地主、祖父は村長、農地改革で多くを失ったと、姑(しゅうとめ)は古文書を広げて説明してくれた。残る8アールの田、2アールの畑、ほかに少々の山林と貸地があり、舅(しゅうと)と近所に住む長姉が携わり、偶然、私の育った空気と同じものが流れていた。
     *
 若い嫁に言葉を選びながらの教育はいま、姑の当時の年を超えてみて、やっと分かることも多い。

 「女は太陽とともに動くのよ」と教えられた時は明治女の気質を感じた。その半面、「電気釜、洗濯機、掃除機があり、薪(まき)を燃やして家事をするわけじゃなし」として「時代が違う」と心の中で反論していた。

 田舎の本家は当時、行事の度に来客が多かった。神幸の五目ずし、木の芽あえ、お盆の精進料理……。正月料理の「きんとん」は透明感を出すための「本みりん」の煮切り方や、裏ごし器の網目を斜め使いにすると口当たりの食感がなめらかになるといった具合に、家庭科の教師だった姑は、経験と理にかなった方法を教えてくれた。

 またもや、ここで魔法の手を持つ人に出会えたわけだが、同居の重みは私の体重を1年で10キロ減らし、疲れ果てていた。

 女は大きな荒波をかぶりながら、一生を終えるころ、婆(ばば)となるという誰かの言葉を思い出す。やがて「おかげさまで、ありがとう」と思える日がやってくる。それが成長というものだが、若い日には気づかずに誰もが通り過ぎる。年を重ねてみて分かることは多いものである。
スポンサーサイト
13:56  |  朝日新聞筑豊さんぽ道連載記事
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。