05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

猫の母性

2010.12.04 (Sat)

猫の母性

 ある日曜日、思いがけず犬猫の譲渡会へ行くことになりました。それは料理教室の階下、碁会所の猫ミィーちゃんが5匹もの子猫を出産したからです。 アーケード内にある教室は隣も前もお店で、化粧品店のお姉さんや野菜屋のおばさんも見守るなか、ミィーちゃんはオッパイを飲ませ、首やシッポにからまれながら育て、自分はお腹が背中にくっつくほど痩せていました。 なめて毛づくろいをしたり、人にいないところに運んだり、それはそれは休む間のない子育てです。 忙しくしている私もなぜか気になって料理のある日は必ず覗いて見るのが習慣になってきました。自宅には4匹もの猫とゴールデンレトリバーの大型犬がいる為、貰うわけにはいかず化粧品店のお姉さん達と近所の世話やきおばさんを何週間かしたわけです。 我が家の犬・猫の主治医さんから譲渡会の話を聞いたのは実にラッキーでした。それまで、化粧品店のお姉さん達が写真でポスターを作り、貰い手を捜したのですが、なかなかうまく貰い手が見つかりませんでした。(1匹だけは早々に私の教室の男性生徒さんが貰ってくれました。ブルーの目に白にグレーの毛並みのオスでした。今では大事にかわいがられています。) 約2ヶ月ほど子猫と母猫を見て思ったことは、母性本能がしっかりしていて母猫の愛情深さに感心してしまいました。我が家の猫達はみな迷い込み猫と捨て猫ですから、そういう姿は見ていませんでしたので・・・。今、新聞をさわがせている児童虐待事件の多さ、心が痛くなるニュースを見るたびに、母猫ミィーちゃんの母性本能、薄れることのない猫に親子関係は見習うべきだと強く思いました。人も時折、猫可愛がりをしても良いのだとも・・・。
zyoutokai
運良く残り4匹(オス2,メス2)は、お年寄りや身障者の方々から貰われて行きました。欲目からかも知れませんが、どの子も美男、美女でしたので、残ることなく貰われたのでしょう。不覚にもその後ろ姿を見て涙が出てしまった自分自身の違った部分を発見したようで、少々恥ずかしい思いもしました・・・。 譲渡会を催した獣医師会の先生方に、猫と飼い主に代わって心から感謝するばかりです。今、ミィーちゃんは、しばらく飲み手のいなくなったオッパイがはった姿から、太って益々美人になっています。人の顔は覚えているのかどうか分かりませんが、各、店のシャッターの音を聞き分けて走り寄って来ます。月末には避妊手術をするそうです。良かった、良かった、安心です。 子猫とミィーちゃんで料理教室の近所の方々ともコミュニケーションが増して絆が強くなったようです。楽しい日々です。やさしくなれました。
スポンサーサイト
12:02  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。