04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ネギの匂い

2017.05.29 (Mon)

 それはスーパーを出てすぐの信号待ちでふと感じた。買ったネギ苗の匂いが風に乗り、私の鼻から全身に通り抜けた気がしてよみがえってきたのだ。30代半ば、風邪をこじらせ肺炎になり即入院となった。病院は実家の近くで安心していると案の定、母が駆けつけてくれた。だが畑から直行の仕事着姿。麦わら帽子にもんぺでオロオロと私をのぞき見る。若い私は恥ずかしくて、深く毛布をかぶったら「大丈夫ね」と強くめくる母。泥の残った母の手はネギの匂いがした。「母さん、ごめん」。今なら分かる母心。母が逝き、ねぎを切る度にわびている。

(2017年5月15日 毎日新聞 はがき随筆より)
スポンサーサイト
12:56  |  毎日新聞掲載

父と桜花

2017.05.01 (Mon)

「待ちわびる」という言葉が桜ほど似合う花はないだろう。それなのにパッと咲いてパッと散る。潔さの美も人々を魅了する。亡き父は、桜は農事農耕の神が宿る木だと大切にしていた。つぼみが膨らむと田をすき、満開の頃は油菜刈り、散れば高菜の収穫期だ。村人は神への豊穣と感謝の心を込めて花咲く下、献杯の会を催した。今の花見の起源だと言った。先人からの桜文化を語る父の目は、現代人の花見マナーの悪さを映すテレビニュースを見据えていた。今年も庭の桜花が舞う。遠く春耕のトラクターの音を聞きながら手を広げ、父の息吹を感じよう。

(2017.4/3 はがき随筆より)
09:53  |  毎日新聞掲載
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。